仕事を見つけるための求人媒体

ここ近年日本の就職率は増加しており、完全失業率は少しずつ減少傾向にあるのが総務省の労働力調査の結果で分かってきました。

ここで、普段仕事を探す際に皆さんが活用しているものがあります。それは、求人媒体です。1つ目は、紙媒体と呼べるフリーペーパーが該当します。これは、主に地元やその周辺で就職したい人が手にするのが便利です。

しかし、デメリットとして紙媒体なので、後程記載するインターネット等と比べるとページ数があるため、載っている情報量に限りがあります。2つ目は、インターネットの媒体です。こちらは、パソコンやスマートフォン、携帯電話から情報を仕入れます。

そのため、数多くの求人を探すことが出来ますが、デメリットとして情報数が多いため、求人会社の真偽や載っている情報の新鮮さを見極める必要があります。3つ目は、人材会社を使った媒体です。人材会社とは、エージェントと呼ばれる人達が求人者のニーズに合った会社を紹介をしてくれます。

雇いたい側の会社の求めるものについてヒヤリングを人材会社が行っているので、働きたい人と雇いたい会社とのギャップを少なくしてくれます。デメリットとして、実際に面接を行いながら求職者の選考速度に合わせて求人を紹介してくれるので、求職者の進捗や進路確認の為、人材会社のエージェントと話し合う時間帯が必要になります。

あくまで、媒体を使った際のやり方ですので、他にも縁故や友達や仕事繋がりからの紹介もあります。

マイナビエージェント ITについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です